123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-06-30 (Wed) 12:01
息子と一緒に退院した日から毎日つけている「わたしの育児日記」という冊子。
(参照:「最も必要とされた幸せな時間」(2010年1月26日)
生後6ヶ月までつけることが出来る冊子になっています。
これを書き始めた頃は、生後6ヶ月なんて遠い遠い未来のように思えて
ただただ新生児のお世話の大変さに
目の回る思いで過ごしていたなぁ・・・・・・
もうじき、この冊子も完了してしまいます。


そんな母の感慨をよそに、息子にこの冊子の一部分を食い破られてしまいました。
10-06-30食い破られた
わかりますかしら。
手でくしゃくしゃに握りつぶされた上、ヨダレまみれでベトベト
口に持っていってむしゃむしゃしたらしく
あちこち破れています・・・
ひどい。
おまぃはクロヤギさんか?
いえいえ、放置していた母が悪いのです。


「え?この距離を移動したの?」という衝撃と
「ぎゃあ!食い破られてる!!」という衝撃。


ますます息子の周りには何も置けなくなりました。
まだ冊子で良かった。
紙を食べて飲み込んだわけでもないようだし。(破片は全部あった)


誤飲事故を甘くみてはいけませんね。
ここなら届かないだろうとか、そんなものは親の勝手な思い込みですな。
「確実に届かない」を厳守しなくては。
厳しく自分を戒めます。




 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)
| 育児日記0歳 5ヶ月 | COM(10) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する