FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-08-21 (Mon) 00:00
結婚準備アイコン2006年6月11日(土)
3ヶ月前打ち合わせをしました。



式場予約をしてから、新居の事でバタバタしていたので
半分忘れたような形になっていました。
そろそろ3ヶ月前よ・・・?と思い始めた頃、
式場の担当者さんから連絡が来て、
3ヶ月前打ち合わせの日程が決まりました。


これから、2週間前打ち合わせ(最終打合)までの流れを説明されて
初回の「3ヶ月前打合せ」では、主に招待状のことを決めました。


文体や文章、差出人を新郎新婦にするか親の名前にするか、
招待状の図柄などを話しました。
が、差出人をどうするかは、私たちだけでは決められない事なので
図柄だけを決定して、後日連絡という形になりました。


私も彼も、おなじくらい結婚式に参列していましたが
私は今まで招待された結婚式の招待状の差出人は
すべて両家の父親の名前でした。
でも彼は、今まで招待された結婚式の招待状の差出人は
すべて新郎新婦の名前だったんですって。
むぅ。
たった2歳ですが、日頃感じる事のない年の差を、
こういうときはなんだか目の前に突きつけられるようでした。


ただ、最近の傾向としては、
新郎新婦の名前で出される方が多いようですね。
私たちは一般の結婚式場というスタイルではなく、
新郎新婦がレストランウエディングにご招待、というスタイルをとっていたので
希望としては新郎新婦の名前で出す、でした。


ちょっと前までは、両家の父親の名前で出すのが普通だった招待状・・・
私の両親が納得するかどうか、が頭を悩ますところでした。
私が相談する前から悩みこんでしまって、彼が
「ご両親が、親の名前で出すのが筋だと言うのなら反論しないよ」
と言ってくれたおかげで、ようやく両親に話を切り出す事が出来ました。


結果は、あっさりと「新郎新婦の名前で出すのがいいよ」という返事でした。
事前に悩みに悩んだのはなんだったんだというくらい・・・・・・


先の記事でも、散々、自分の両親を古風だのなんだのと言っていますが
このあたりから、両親は急に柔軟になってきたように思います。


招待状と同時に招待客のリストアップも始まりました。
人数が増えたので苦労した事もあって、
急に毎日が結婚準備で忙しくなった、
という実感がたっぷりの日々でした。





| 結婚準備 | COM(0) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する