12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-06-10 (Sat) 09:00
「骨格診断 自己診断編その1」(2017年6月9日) の続きです。

ラインしずく

一応の自己診断で
自分はウェーブタイプではないかと思った私。
それならば、本格的にウェーブタイプを勉強してみたいと
本を一冊購入しました。


ネットも含め本屋さんも行脚して
この本が良さそうだな!
と思って購入した1冊。

ウェーブタイプだと思っていたので
まずはウェーブタイプの箇所を熟読。

そのうちに、ちょっと違和感を覚えました。
ウェーブタイプの特徴の一例である
「二の腕が細い」
「フレアスカートが似合う」
が全然当てはまらない。
二の腕は細いどころかむしろ太い。
腰周りがふんわりするスカートは
太って見える。
体のラインが細いかと言われればそうでもない。

…あれ?

もしかして私、ウェーブタイプではない??

と、本を最初からきちんと読み
診断用チェック項目で再び自己診断。
この本の診断用チェックは
身体の特徴チェック10項目と
似合う服装の特徴チェック10項目から成っているのですが
似合う服装がそもそも自分でわからない事が
骨格診断を受けたい動機。
よくわからないので
身体の特徴チェックの10項目のみで自己診断する事に。

まずはストレートタイプ。
ストレートタイプの診断項目では当てはまるものが
あまりない。
身体の特徴チェックの10項目中
当てはまるなと思うものは2項目。
「太ももは肉感的だが
 ひざ下部分の脚はスラリとした印象」
「身長の割に手足が小さめ」

でも、「身長の割に手足が小さめ」
というのは当てはまるような気もしますが
どの程度か判断が難しいところ。
足は22.5センチ
手は今までの人生で自分より手が小さい人と出会えていない(対成人女性)
という、手の小ささには自覚がありましたが
そもそも身長が151センチなので
身長相応と言えるんじゃないかしら、とも思える。

そして何よりも
ストレートタイプの代表的特徴の
 首が短め
 後頭部が出ている
が全然当てはまらない為
しっくりこない。

ナチュラルタイプではないな
という以外は、
「さっぱりわからん!」状態。

この時には、骨格診断の予約が取れたので
大人しくプロの判断に任せようという事になりました。




 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)
| 美容&ファッション | COM(0) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する