12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-09-14 (Fri) 16:53
「トイレトレ備忘録 1 準備編」
「トイレトレ備忘録 2 試行錯誤編」
「トイレトレ備忘録 3 強行編」  のつづき


ライン 水玉ピンク


①日中はおもらし前提でパンツで過ごす。


②おもらししたら、
 「おしっこ出たね!これがおしっこだよ。」
 「おしっこ出る前にむずむずするからね。そしたら教えてね。」
 「パンツだから、おしっこが出たらびちょびちょになっちゃうね。」
 「おしっこは、トイレでするんだよ。」
 ということを伝える。


③おしっこしそうな素振り、うんこをしそうな素振りを見せたら
 「トイレに行こうか」と声を掛ける。


これで毎日を過ごすようになってから約4日後の
8月4日(土)15:10 
初めて「おしっこ」と伝えてくれて、トイレでおしっこ成功!
出来た時はそりゃあもうこれでもかと喜んで、褒め称えました。
その後はたまに失敗を挟みながら、どんどん出来るようになり
8月6日(月)にはトイレでうんこ初成功!
8月8日(水)には、自分で補助便器をセットして自力でよじのぼり、
一人でうんこしました。
これは私も本気でびっくりして思わずよしさんに電話してしまったほど。
出来るようになるとあっという間に出来るようになるんだなぁと。
8月28日(火)には、初めて夜中オムツにおしっこをせず。


うんこはやっぱり補助便器だと気張りにくいのか、おしっこよりも苦戦しました。
足がつかないので踏ん張りにくいのだと
おまるにしようかと悩んだりもしましたが、
やっぱり補助便器のまま強行。
「うんこ」と言うのでトイレに行く→出ない
を何度も繰り返して数時間経過し、ようやく出るという日も続き
ご飯の支度や家事を何度も何度も中断されて
「またか!」「もうオムツにしてくれ」と思う事もありましたが
親がそれに負けない事が一番重要なんじゃないかなぁと思います。
月並みだけど根気良く付き合うに尽きます。


おしっこを最後にもらしたのは8月9日(木)
うんこを最後にオムツにしたのは8月17日(金)
それ以降は、もらす事はなくなったのですが
お出かけする時は、念の為オムツを履かせていました。


8月14日(火)に六甲山牧場に出かけた時もオムツを履いていたのですが
結局この日は一度もオムツにおしっこをせず、
ちゃんと「おしっこ」と申告してトイレで出来たので
8月15日(水)に淡路島へ帰省した時には、思い切ってパンツで出かけました。
もらした時用にパンツとズボンとタオルを多めに準備しましたが
大丈夫でした。
この日以降、お出かけもパンツ!を貫いています。


うんこが上手に出来るようになったのは、8月24日(金)から。
この日以降、「うんこ」と申告してトイレに行って、1回で出来るようになりました。
8月28日(火)から、夜中でもオムツにおしっこをせず、
「おしっこ」と起きるようになりました。


というわけで、息子は2歳7ヶ月で紙オムツ卒業と相成りました。


今も、念の為(というかオムツが残っている為)夜中はオムツを履かせていますが
もう大丈夫みたい。
オムツが残り数枚になったら、夜中もパンツでいってみます。




ポイントアイコン花青トイレを楽しく!明るく!
  息子は途中、トイレを怖いというようになり
  補助便器に座るのも拒否しました。
  そこで、画用紙にアンパンマン・食パンマン・カレーパンマンを描き
  壁に貼りました。
  息子は車が大好きだったので、車のステッカーも買って来て
  トイレの壁にペタペタ貼りました。
  それだけで大丈夫になったわけじゃないけれど
  「怖い!」というのを「怖くないよ、アンパンマンがいるよ」等と
  根気良く言い続けてましたら、いつの間にか怖がらなくなりました。

ポイントアイコン花青トイレで出来たらシールを貼る!
  おしっこでもうんこでも、
  とにかくトイレで出来たらシールを貼るのです。
  これが結構嬉しかったようで、おしっこ出来はじめの頃は
  「おしっこ出たね~!」と私が喜ぶと
  「シールはろか!」と満面の笑顔でした。

ポイントアイコン花青この頃心がけた事
  ①出来ない事を叱るのではなく
   出来た事を褒める。
   トイレでおしっこが出なくても、
   補助便器に座れた事を頑張ったね!と褒める等。
  ②様子を見てトイレに誘う時
   息子が嫌がった場合に、すぐに妥協したり、強く要請したり
   自分の態度がその都度バラバラにならないようにした。




頑張っている最中は、これがいつまで続くんだろうと嫌になったり
果てしなく遠い道のりみたいに思えるけど、
振り返るとそう長くはない期間だしその子にとっては一生に一度だけのこと。
難しく考えずに、楽しもうという気持ちが大切だそうです。
順調にいかなくても、一進一退でも、
のほほんと頑張ればいいんじゃないかなぁと思います。


あ、あと、これ関係あるのかなぁと思ったのですが
トイレトレーニングの為の冊子に書いてあったこと。
行き詰まったらこれも参考にしてみてください。
 ↓↓↓
日頃の親子の会話が、一方的ではないか?
子供の言い分もきちんと聞いているか
を見直す。


これからトイレトレーニングの方には
成長の過程を楽しむぞ~って気持ちで、過ごして欲しいなぁと思います。




 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)
| 育児日記2歳 トイレトレーニング | COM(4) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する