123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-09-11 (Tue) 15:35
「トイレトレ備忘録 1 準備編」
「トイレトレ備忘録 2 試行錯誤編」 のつづき


ライン 水玉ピンク


さて、100サイズのパンツをいきなり12~3枚購入しまして、早速洗濯。
翌日は7月30日(月)


①起床した息子を、パンツに着替えさせる。
 おもらし覚悟で履かせ続ける。


 おしっこの間隔が2時間以上あく事も、トイレトレーニング開始のひとつの目安。
 しかし、オムツをしているといつおしっこをしたか全くわからん。
 ・・・という事で、初日の7月30日は、息子がおもらしする事によって
 「何時何分におしっこをしたかを、記録する為の日」
 にしました。
 

②おもらししたら、息子に
 「おしっこ出たね!これがおしっこだよ。」
 「おしっこ出る前にむずむずするからね。そしたら教えてね。」
 「パンツだから、おしっこが出たらびちょびちょになっちゃうね。」
 「おしっこは、トイレでするんだよ。」
 ということを伝える。
 

 漏らしても叱ってはいけない というのは色んなところで見たのですが
 叱っちゃいけないけど、ニコニコ優しく言うのもどうなのかなぁと
 勝手に思っていました。
 「おしっこはトイレでしなければいけない」
 「うんこはトイレでしなければいけない」
 これはもう人として生まれた以上変えられない!!!
 みたいな厳しさをもって伝えられたらなぁ~と思っていたので
 出来るだけ笑顔は出さずに、教えるようにしていました。
 ただし、漏らした事自体を責めるような事は言わない。
 
 
7月31日の1日で、
息子のおしっこの間隔がだいたい2~3時間という事がわかりました。
やっぱり、トイレトレーニングを始める時期に来ていたんだなと思い


翌日8月1日からは、
朝うんこをしたら、寝るまでパンツにする
(だいたい朝10時くらいまでにはうんこをしていた)
という感じで過ごしていました。
息子はおもらししても、全然こちらに知らせる素振りは見せませんでしたが
根気良く、根気良く、を呪文のように頭で唱えて
上に書いた


②おもらししたら、息子に
 「おしっこ出たね!これがおしっこだよ。」
 「おしっこ出る前にむずむずするからね。そしたら教えてね。」
 「パンツだから、おしっこが出たらびちょびちょになっちゃうね。」
 「おしっこは、トイレでするんだよ。」
 ということを伝える。


を繰り返す。


8月2日くらいになると、私の方も
息子がおしっこをしたい時の様子がわかるようになり
もらす前に「あ、おしっこだな!」と察する事が出来るようになったので


③「おしっこしたい?トイレ行こうか」
 という声かけを追加した。


絶対おしっこしたいはずなのに、トイレの補助便器に座ると出ない、
という事も何度もありました。
そして、「出ない」と言うのでリビングに戻ったとたん、おもらし!!とかも。


そういう場合は、尿意がある状態で補助便器に座れた事を褒めて
おもらしした事は叱らずに
 「おしっこは、トイレでするんだよ。」
 「むずむずしたら、おしっこって教えてね。」
と根気良く伝え続けました。




・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・




 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)
| 育児日記2歳 トイレトレーニング | COM(0) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する