FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-09-11 (Thu) 09:37
乃南アサの花盗人(はなぬすびと)という本を読みました。


表題作を含む全10編の
短編集です。
画像が「新刊」となっていますが
発行されたのは1998年4月で
約10年前。
今回読んだのは二度目です。

ライン 鉛筆
 ~あらすじ(表題作:花盗人)~
   「あなたが私にくれたのものは、あの桜の小枝だけ。
    あなたが盗っていったものは、私のすべて。」
   自立できない夫との生活に疲れた女は逃げ場を求めた。
   しかしそれが彼女の「脱線」の始まりだった・・・・・・。   
   (カバーより抜粋)
ライン 鉛筆

収録されている10編、どれも濃く巧い作品だと思います。
連続してどんどん読み進めるのではなく
ひとつの話を読んだら、その余韻を十分味わって
時間をあけてから、次の話へ進んだ方がいいんじゃないかな、と思います。
その方が、ひとつひとつの話を楽しめるんじゃないかと思います。
最初に読んだ19の時は「寝言」「愛情弁当」に感心しました。
長編を読んだような充実感というか
構成の見事さというか
なんて巧いんだろう!と惹きこまれた記憶が強くあり
この度再読したのですが・・・・・・

あれから10年。
生活環境ががらりと変わり、
自分の社会的位置も家庭的位置も何もかも変わった現在、
私が特に忘れられないのは、表題作の「花盗人」
こんなに恐ろしい作品だったんだ!と読み終えて愕然としました。
人の心のサスペンスというか
日常に潜む深い深い落とし穴の入り口は、なんて浅いんだろうと
思わせる作品です。

この作中に出てくる「夫」ほどあまりにすべての面において酷い男は
そうは多くないとも思いますが・・・
ものすごいリアリティと巧さで
目の前に映像が流れるように読めます。

誰もが毎日繰り返している日常。
ごくごく当たり前の生活の中に潜む、心の歪み。
人と人との溝。すれ違い。
決定的な大きな出来事をきっかけにするのではなく
小さな、見過ごしてしまいがちなズレを積み重ねてしまった末に起こる「結果」。
 何が原因だったんだろう、
 どうしてこんな事になってしまったんだろう、
起こった後でそんな事を考えてしまうような結末の答えを
この作品では語っているように思います。

花盗人の中では、私に強烈な印象を与えた主人公の言葉があります。
(この作品の集約とも言える台詞だと思うので
 読みたい人だけ続きから読んでくださいね。)


 


 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)



ライン 草


 「私は、自分で敷かない限りは、死ぬまで布団では寝られないのよ」
 どれほど疲れていようと、畳の上で寝ていようと、
 誰ひとりとして、公子に布団を敷いてはくれない。
 さぁ、おやすみと言ってくれる者はいないのだ。
 ・・・・・・・・・ 一人で生きてるのなら、いざしらず。



 この部分、かなりキました。
 KOくらったような目の前がチカチカするようなパンチ力なのに
 ボディーブローのように時間が経つにつれて凄く重く響いてきます。
 
読み終わった直後、それまで感心したり面白いと思ったりして読んできた
9編の作品の印象がすべて吹っ飛ぶほど、「花盗人」は強烈でした。


最初に収録されている「薬缶」と
最後に収録されている「花盗人」
構成や設定が似通っていますが、結末は全く違います。
どちらも恐ろしく、巧いと思いますが
読後は、かなり暗い気持ちになりました。

19の頃と今と、この作品に対する印象が全く違います。
10年後には、また違う読後感になりそうな気がします。

でも、主婦の方には是非ともオススメしたい作品です。
それも。
新婚さんではなく、結婚後ある程度の年月を経た、
熟年とは言えないけどもぅ新婚でもないわ・・・くらいの層に読んでもらいたい。
そして、脱線しそうになっている事があれば
取り返しのつかない事になる前に
手を打つ機会になれば・・・と思います。




 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)
| BOOKS | COM(10) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する