FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-12-26 (Wed) 19:24
いきなり堅いタイトルですが、
とっても面白いので是非紹介したくて記事にしました。


先日、仕事が絡んだ勉強で法律用語を調べておりました。
で、検索に行き当たったのが
「正義の法律用語辞典」
どうも、「法治国家つまみぐい」というサイトの
管理人 みそしる さんが、編集されたようです。


「正義の法律用語辞典」内には、
私の探していた用語は載っていなかったのですが
面白くてついつい読んでしまいました。
法律用語、という重く堅苦しくわかりにくいものを、
露骨なほどわかりやすく、かつ、独断と偏見を交えながら
身近な例をもって諭す、とっても魅力的な辞典です。

人生の一部さえ、垣間見させてくれます。


私のツボにはまった用語を数例ご紹介するので
以下を読んで「面白い」と思ったら、是非、読み進めてくださいませませ。


■ ■ ■ ■ 以下、「正義の法律用語辞典」より抜粋 ■ ■ ■ ■

私のツボにきた解説&用語 その1
 けっこん-もくてき-かいしゅ-ざい【結婚目的拐取罪】(名)[刑]
(1)刑法第225条。行為者または第三者との婚姻または内縁の目的で、
  人を略取または誘拐する罪。法定刑は、1年以上10年以下の懲役。
(2)このまま、君を奪い去りたい。


私のツボにきた解説&用語 その2
 やまねこ-スト【山猫スト[strike]】(名)[労]
(1)組合員の一部が、労働組合の承認を得ないで、または労働組合の意思と
  無関係に行うストライキ。
  正当な争論行為とはいえないと解するのが通説である。
(2)ニャー。エサ寄こせニャー。


私のツボにきた解説&用語 その3
 じゅんよう-じょうぶん【準用条文】(名)
(1)ある事項に関する規定を、他の類似事項について、
  必要な修正を加えつつ、あてはめようとする条文。
  同様の規定を繰り返さずに済むため、立法政策上しばしば用いられる。
(2)しばしば漢数字の羅列で構成され、それを目にした受験生を
  たちまち凍りつかせ、石化させてしまう。
  別名「メドゥーサ条文」とも呼ばれ、人々に恐れられている。
(3)とくに強大な力を持つメドゥーサ条文は、
  商法の森・有限会社法の林において目撃情報が数多く寄せられている。
(4)その森や林を無事に抜けられたからといって油断していると、
  刑事訴訟法第222条と目が合ってしまう。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 以上 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


いかかでしょう。
解説が下へいくほど、ぐっとくだけて、より身近じゃないですか?
もんのすごいわかりやすい。
第一、法律なんてものは生活に密接しているくせに
どこか生活とは一線を画したような雰囲気を漂わせており
困ったもんなのです。


ちなみに、私のツボにきた解説&用語 その3は、
これを読んだだけでは、イマイチぴんと来なかったので
刑事訴訟法第222条を検索してみました。
↓気になる方は、下記をクリックして第222条を見てねッ!
「刑事訴訟法」
読んだ瞬間、思わず吹き出しそうになってしまいました。
正義の法律用語辞典の「準用条文」を読んでから
刑事訴訟法第222条を読んだら、爆笑。




 ☆今日もありがとう
  
  クリッククリック(*´Д`*)
| BOOKS | COM(4) | | TB(0) | | ▲pageTOP
コメント







管理者にだけ表示を許可する